第8回 ジャパンEVラリー白馬 2021

いざ、白馬!
環境に優しい電気自動車で秋の白馬に集まろう!

『ジャパンEVラリー』は、国連が定めるSDGsの理念に沿ってCO2削減&地球温暖化防止のために、電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHEV)、燃料電池自動車(FCEV)など環境に優しい自動車の普及と発展を願う祭典です。
このラリーは、EVやPHEV、FCEVのオーナーが全国各地から長野県白馬村へ集まり、白馬村のみなさんとともに語り、親交を深め、白馬に降る雪を未来の世代へ引き継ぐための「アクション」です。

開催は今年で8回目。白馬村と連携し、白馬クールチョイスイベント(フォーラムや試乗会)を同時開催します。
フォーラム終了後は、今年も、目の前に広がる夕暮れのゲレンデを舞台に、LEDキャンドルナイトを実施予定。電動車普及とCO2削減、そして新型コロナウイルス禍の終息を祈念します。

キャンドルナイトの後は、「エスカルプラザ」で夕食会。参加者ひとりひとりを『EV普及アンバサダー』と認定し、『遠くから来たで賞』など各賞を授与する恒例の表彰式を行います。
今年はファイヤーピットを並べたテラスでのキャンプファイヤーも楽しみましょう!

なお今回は、初めて白馬村民エントリー枠を設けます。
詳細は、後日このページで告知します。

【ジャパンEVラリー白馬2020 開催概要】

  • 開催日/2021年10月23日(土) ※10/24は『EV気候マーチ』のみ実施
  • 会場/エイブル白馬五竜 (長野県白馬村)
  • 主催/一般社団法人 日本EVクラブ、白馬EVクラブ
  • 後援/白馬村、白馬村観光局、環境省、経済産業省(予定)
  • 協力/白馬村のみなさま、参加者、ボランティアのみなさま

イベントの詳細は、公式特設サイトをご覧ください。